2019年4月26日金曜日

高齢者の自動車運転

自動車という位なら、自動で動くのかと言えば、人間が運転しないと動かない。中国語で自動車をなんと云ったか忘れたが、動力で人間が動かす、乗り物。移動に使用する。自動車工業会は、本当に、自動で動く車を、最初に作ったほうが、勝ちとばかり、競争に勤しんでいるらしい。
車の事故があり、事故原因が、運転者の年齢だと思われる事故が、多くなった。高齢者が
増えているのだから、高齢者の運転者が増えるのは当たり前で、己の能力を信じて、いつまでたっても、運転できると勘違いして、大きな事故を起こす。運転免許証を返上したら
公共の乗り物はすべて無料にでもすれば、もっと返納者が増えるだろうが、もともと運転免許証を持っていなかった者と、不公平を生ずる。
かくいう自分も、後期高齢者の仲間入りをして、いつ免許証を返上するのか、悩ましい。
歩いて行けるところだけしか、用事が足りなくなってしまう。いつまで運転できるのかと
いう問題は、自分はいつまで生きているのだろうかという問と同じで、明日からだめといわれれば、諦めるしかないが、だれもあしたまでとは言ってくれない。
3歳の女の子と30歳少しのお母さんを殺してしまった、87歳のじいさんは、昨日まで
極楽にいて、事故後は地獄だろう。人間であれば、悔やんでもくやみ切れないというところだろうが、自動車が、貴方の運転は危ないから、もう自動車運転はやめましょうという
くらいの、機械が作れても不思議ではない。
スマホに今日の天気は?と聞くと、自分が住んでいる場所の、最低・最高気温と、ざっとした天気予報を教えてくれる時代だ。
87歳のじいさんは、アクセルが戻らなかったとか、言っているらしいが、車をつくるほうも、バカではない。飛行機の何とかボックスのように、運転操作の記録が残るような仕掛けがしてあるに違いない。
昔、子供のころ、なにかまずいことをしでかして、大人に叱られると、責任は自分ではない、一緒に遊んでいた、他の子供の責任だと、責任転嫁した。子供は全部そうだった。とりあえず逃げる。
それと、頭の中で考えているであろうことと、運動・行動が一致しなくなる。考えてはいるが、考えたことと異なる行動・運動を行っていることが多い。これも認知症なのだろうが、Aのことをしようと考えながら、実際はBをやってしまう。本来Aでなければならないのに、Bを行っている。日常茶飯事でそれがある。つまり、ブレーキを踏もうと頭では思いながら、アクセルを踏んでしまうのではなかろうか。頭の中のことはよく分からない。4/26

2019年4月17日水曜日

お相撲見学

相撲観ないかという、ありがたいお誘いで、令和元年5月13日、蔵前国技館へ行くことになりました。
小学生徒のころ、多分2年生か3年生のころ、我が町へ、大相撲の地方巡業が来ました。横綱で言えば、照国が引退してすぐ、羽黒山伝説がまだ巷に残り、東富士・千代の山・鏡里・吉羽山がきら星のように並んでいた頃です。三条へ、おいでになったのは、どの横綱か、記憶がありません。
極楽寺へ、何人かお相撲さんたちが、寝泊まりして、四股名を加茂錦というお相撲さんが
体調を崩して、土俵に上がれず、私達ガキ共の相手をしてくれたのを、覚えています。
お相撲さんがたが、出入りするだけで、なんとなく賑やかだし景気がいい。言って見ればお祭り騒ぎを、子どもたちが嫌いなわけがありません。
あとで聞いた話では、ニチロ漁業の創業者のご兄弟が、吉葉山のたにまちで、そういった関係から、三条への地方巡業もありだったのかと、今では思っています。
ラジオで熱中した、栃若時代。そのラジオも、母親の兄弟が手作りの、コンソール型の、蓄音機で、大きなラジオでした。テレビの時代です。ラジオで聞く大相撲スポーツアナの興奮と己の興奮を共有した、あの感動は難しい時代になってしまいました。
名人は上手の坂を一上がり。名人といわれるほどのアナウンサーは、相撲の番組前に、次から次へ繰り出される数々の四十八手を、立会前に、そのアナウンサーの事前放送のとおりに、お相撲さんが動いたという伝説があります。
アメリカのマスターズゴルフの映像を見ているうちに、この、実際よりも前に、実況放送するという伝説を思い出しました。かつてのヒーロー中島常幸さんの解説が、この相撲放送なみに、現実を氏が予言したとおりに、ことが運ばれることに、感動しました。
中島さん位になると、タイガーがどうプレイするか、予測でき、しかもその予測がピタリピタリとあたるのです。世界のベストゴルフプレイヤー同士ならではの、放送でした。
競馬も、のめり込んでいくと、なん千レースにか一度位、1着から3着馬まで、どう走って、どうなるかわかることがあります。その時、今だ、ナウとばかり、全財産を投入できる
人はそう多くはいないでしょう。私もそんな勇気がなくて、幸せです。切り株にころり転げたウサギさんを、いつまでも待ってはおれません。
相撲の話が、ゴルフへ、競馬へとなってしまいました。相撲だって、相対での賭け事にすればきっと面白くなるのでしょうが。気力も財力も相手もいなくて幸せです。

2019年3月27日水曜日

筆記具

万年筆が嬉しい。キーボードで入力するのは、苦痛である。生まれつきの、ローマ字民族ではい。パソコンが、アルファベット生まれであることを考えれば、いまのように、日本語を、自在に表現できる時がくるとは、思わなかった。
カタカナしか入力できず、電報のような、情報で我慢したのは、どのくらいの年月だっただろうか。さっき、ラジオで漫才やっていたが、「毎日どんどん進化するという四字熟語は?」「日進月歩」「違います」「なによ」「携帯電話」(笑い)
思わずにやり。パソコンもそうだ。ここまでの道のりは平坦ではなかった。W310から
始まって、W95、次から次へと、買わされて、機械は進化を続け、国民機9800シリーズがあり、アップル革命があった。
値段が半端ではなかった。アップルSE(初めてハードディスクがついた)のセットは、キーボード、マウス、プリンターで130万円した。かみさんには内緒で、ポケマネで買った。会社が買ってくれないなら、自分で買うさ。
For the left of us.残されたすべてのもののために。ジョブズの意気込みを感じた。ハイパーカードの使い勝手のよさは、今でも通用するとおもうよ。W3なんて、使えたものではなかった。バイナリー言語がわかるものは知らず、コマンドなんて頭に入るものではない。多分このわかりにくさを、キチンと学習して、将来に備えた者は、財をなしているのだろう。行く先の見当は、おぼろついても、それを、incomeにつなげるのは、やはり才能だろう。商いは別物である。人の心を掴まなければならない。
出版だろうが、手紙だろうが、パソコン叩いてメールでサ!、という時代になった。電話
はもう、迷惑道具と心得なければならない。かかってきた電話に、でるのには、頭を、電話モードに切り替える→受話器をもつ→相手によっては、演技する。ニコニコマークのどの顔にするか→情報を受取る→反応する→終わる→受話器を置く→頭を電話前の仕事のモードに切り替える。これを、AI並に動かしている最中に中断されるのは、私もいやだ。
携帯電話の番号を知っているのは、家人、親友、兄弟位なもので、SNSも、あまりのうるささに辟易する。
75歳にもなって、お誕生日おめでとう言われても、そらぞらしい。紙と万年筆で、原稿書いて、財をなした人たちは幸せだった。その前は、文房三宝で、国を起こした、中国の
故事もある。道具を通じて、人の心を動かすことの大変さは、いつの時代であれ、難しい。私の買える万年筆は、精々、2万円どまり。ペリカンとSAILORで楽しんでいる。

誤診 メデカル・ドラマ 第2弾

ー悪意なき過ち 決別の勇気ーがサブタイトル。コピーを作る人たちは、上手だね。まさにこの言葉に尽きる。
子供の病気、テーマは癲癇。病気の中身の詳しいことは、映画を見ていただくなくてはならない。ある日突然発作に襲われ、それはほんの、地獄への道の始まりにすぎない。近代
医学の誤謬ということで、本を書いたらどのくらい、具体的事例が集まるだろうか。
私の子供がこの病気になったらどうしよう。この子供の父親・母親のようになれるか。しかも、ここでも、天動説の中で、地動説を唱えなければならない。子供と向き合うのさえ
大変な中で、世間の「悪意なき過ち」と対決しなければならない。
まかり間違えば、牢屋に入れられるかも知れないのは、ガリレオ・ガリレイと同じだ。子供の病気は、手当すればするほど、段々悪化する。ルールがないなら、ルールを作ったほうが勝ちなのは、どこでも同じだろう。手当がないなら、手当を作ってしまう、この両親は。その究極の解決法が、なんと聖書、2千年も前にすでに、その解決方法が書かれていたのだ。教会と大学のコラボレーション。坊主と医者が結託しても不思議はない。命を救うためには。
私は、オカルト信者ではない。奇跡・秘跡・魔法・悪魔ETC.どれも信じない。それでも、癲癇は、断食と脂で治せという、キリスト様のご指示には、なにか、真実が隠されているように、思う。解決の道は、シンプルである。e=mc*cという公式のように。
近代医学は、科学の装いで、私たちを、だまし続けてきた。前頭葉摘出手術のことはカッコーの巣の上でについて、書いた。この「誤診」でも、天動説は迫害される。
たまたま、知り合いに、理解してくれる医者がいて、母親の熱意にほだされた、看護師が
いて、この子の命は救われる。近代医学の迫害から、逃れて。古代ローマ帝国の迫害から
逃れたキリスト教徒と何ら、図柄は変わっていないのだ。
天動説を唱える者に幸せあれ。悪意はない。そう信じているから。子供の頃からそう教えられ、そうだと思っているから。そうでないことを言う人は、ほんの少し、200年前には、悪魔だった。火刑に処せられた。転べば(信仰を変えれば)助けてもらえた。
常識、信念、信仰。一体なんだろう。
地動説で世の中を眺めれば、おかしな話は山ほどあって、テレビだ、マスコミだ、新聞だ、ネットだなどと騒ぎ立てるが、その中から、私はこれを、選択するという、自分の立ち位置をしっかり、作っていく必要がある。
この映画「誤診」は、優れた映画である。薬は問題解決にならない。西洋医学は、これか
らどう進むのだろうか。釈尊は、最後の瞬間まで、正念を忘れなかったと聞く。

2019年3月25日月曜日

カッコーの巣の上で メデカルドラマ第1弾

地球は動いていると言ったばかりに、牢屋に入れられた、ガリレオ・ガリレイ。地動説の先駆。周りより、先に進むと、出る杭は打たれるとか。洋の東西は問わないらしい。
医学の上でも、同じようなことは、沢山有るらしく、参考になる。自分の命は自分で守ろうということだろう。
標題の映画は、頭の手術の話である。この術式を発明した人は、ノーベル賞をもらった。
先の大戦のすぐ後頃、アメリカで、脳の手術が流行った。前頭葉という場所を取ってしまうという、手術でした。とても効果的ということで、この手術を考えた人は、ノーベル賞
をもらった。
これまでのノーベル賞で、最悪の医学賞といことになっています。手術された人は、人間ではなくなってしまうのだ。
その辺の経緯を、この映画はうまく説明してくれる。そうでなければ、日本でも行われていた、優生保護法に基づく、障害者の不妊手術と同じような、人権を無視した、医術が
正義の名の元に、堂々と行われていたという事実を、教えてくれる手立てが、一般の庶民では、手に入らない。
誰かが気がついて、ほんとかよ、それってちがうよなと、声を大きくして言ってくれて、はじめて、へーそうだったの、と知ることができる。ハンセンシ病もそうだった。
隔離政策が、正義だと考えた、その考えの大本は、一般庶民の、「常識」だ。
ガリレオが、地球が動いていると言ったとき、いや動くのは、天だという教会の信仰を
正義と考えた、庶民の常識が、後押ししたのだろう。
常識とはなんだろうか。なんとなくそうだ。そういうもんだろう。そうに違いない。そういう、常識・信念はどう形つくられるのだろうか。
確かに、この映画の主人公のような人物が、隣にいたら、随分迷惑かも知れない。破天荒なのだ。多動症かも知れない。様々な経緯から、主人公は、ロボットにされてしまったた。
フランス製のよい薬が出て、高価で危険を伴う手術の必要は、なくなったそうである。それでも、その薬がどの程度危険かは、何年もの人体への副作用を、検証してみなければ、わからない。
地球は動いていると、言い続けなければ、天が動いているのだと、全ての大衆伝達手段が
主張初めたとき、私達の、地球は動いているというつぶやきを無くしてはこまるのである。

2019年3月24日日曜日

バベットの晩餐会

映画の話である。1987年デンマーク MGM。デンマークの映画で、監督さんと思われる方のお名前が、アルファベットにない、発音記号のような字で、キャストもスタッフも
分からない。分からないが、素晴らしい映画であることは、間違いない。
食についての(テーマが食かどうか分からないが)映画では、私の中では、ベスト3に入る。ベスト1はこれ、バベットの晩餐会。ベスト2は、台湾映画「恋人たちの食卓」。さて、ベスト3は思い浮かばないので、未定ということにしておく。
時は、フランス革命の頃、天才料理人ともてはやされた、バベットは、夫も子供も殺され
映画の舞台の、海辺の寒村に逃れてくる。
その寒村には、マーチーネとフィリパという姉妹がいた。父親がメラン匕トンに因む(なんだかよくわからないが、ルターの宗教改革に関連する人名らしい)ある宗派の創立者で
村人から尊敬されていた。というところから始まり、狭い共同体の中での老人たちのせめぎあいや、この姉妹をめぐる恋愛事件やらが伏線になって、バベットの晩餐会が催される
経緯が説明される。
劇場映画のノーカット版では、船でバベットが大量の食材を運んでくるが、ウミガメを船
につないで、そのウミガメが、泳いでついて来たシーンが忘れられない。テレビ版ではどういうわけか、カットされている。動物保護か、絶滅危惧種への配慮か、知らない。
美味なるものを食するということは、悪魔の仕業であり、それに溺れることは、地獄への
近道と信じてきた、頑固な老人たちも、バベットの料理と美酒には、まんまとはまってしまう。フランス革命当時、カフェアングレという、料理店があり、そこで料理長だったバベットはいう。「カフェアングレでは、12人前の料理は1万フランでした。」せっかく
当たった宝くじを全部叩いて、当夜の客12人をもてなしたのだ。
客のなかには、出世して、デンマークの将軍になった、かつて、無頼の頃に、姉マーチーネに出会い、ひと目惚れし、結婚は、父親が許さず、心入れ替えて出世したローレンスもいた。彼将軍はいう、「これほどのアモンテリャードは飲んだことがない。」このシーン
を見る度、同名のシェリー酒で手に入りそうなものを発注してしまう。極上のものをいつか飲んで見たいと思いながら。1955年物バルケロソレラは、手が出ない。
妹フィリパが、バベットにいう。「貴方の料理は天国で天使にも気に入ってもらえるでしょう」と。感動できる料理ができるひとは、確かに芸術家であろう。ああ!魂を抉られるような、一品に巡り会える時を今日も夢見て、コロンボのチリビーンズでも作るか。

2019年3月22日金曜日

ラーメン

国民食ラーメン。いや、世界食ラーメンになった。大戦間もなくの、「欲しがりません勝つまで」が、記憶に残る戦中の標語だった時代にも、贅沢は敵だというポスターの「は」と「敵」の間に、素を入れた人物がいるという。贅沢は素敵だ。
こういうのを、ユーモアという。日本人全部が、戦中は、オーム真理教のようだったとか言った、東京大学の有名な先生がいたそうだが、なんとなく、納得できる感じだ。
そういう世間風潮の中で、贅沢は素敵だ言える人は、素晴らしい。これは、贅沢した者だろうこう言えるのは。贅沢の味を知らない者はこうは言えない。
国民放送の、毎朝の寸劇は、インスタントラーメンを発明して、資産家になった人物の一代記をやっている。世界中の、貧乏人でも、飢えなくてすむような、優れた発明であり、
還暦過ぎて、さすがにあまりこの手のものを、食することが少なくなったが、やはり、かなりの部分、お手軽な、廉価なもので、空腹を満たした思い出は残る。舌に、味が残っている。不味くはない、美味でもないという、まあ世の中の食いもんは、かなりの部分このランクに入るのだろうが、とにかく、手っとり速さが、売り物になった。
学生の頃は、仕送りは、2週間持てばいいほうで、昼・夜買いためておいた、チキンラーメンを手鍋で作り、卵と長ネギくらいは載せて、洗うのが面倒だから、手鍋で食う。飯は
釜と米と水があればできる。コスパは最高で、とにかく、腹は膨れた。学校帰りに、通り道の肉屋の親父が揚げてくれた、魚肉ソーセージを縦に2つ割した空揚げに、ウースターソースがあれば、大宴会だ。
まあ、日本人全部ラーメン評論家の資格をお持ちのようだから、あれこれ申しあげるつもりはないし、一体全体、日本中に、ラーメン屋は何軒あるのだろうか。あとで暇つぶしに
ネットで調べてみるか。
懐かしいラーメンは、新宿の柏木に、法務局があった頃、学校でて間もなく、少し働かせてもらった、法務局近くのラーメンが懐かしい。酢を掛けていただく。醤油味で、透明な
油は少し浮かぶ。この手のラーメンで、新宿のあと、後年、新潟市の北越高校のグランド
脇のラーメン屋が同じ味だったから、ラーメンにも流派があるとすれば、何流なのか。
どこかに、この手のラーメン屋があったら、教えて欲しい。
親父は、大学の寄宿舎のカレーの味を懐かしんで、どこにもないカレーを、自ら手作りして、とてもじゃないが、食えたものではなく、家人の顰蹙を買った。この歳になると分からんでもない。どこにも無ければ、作るしか手がない。どうやって作るのか分からない。
それでもやって見ようという人間が、世界に冠たるN食品の基礎を築いたのだろうきっと。